2013年09月11日

事故におけRMTるパイロットの自己責

  FF14 RMT


  実際に、過去の事故についても2007年に起こった事故の訴訟について、本年6月に「女性自身」誌で『鳥人間コンテストを提訴「落下の衝撃で動けない身体に…」』という報道があるまでは公にされたケースはこれまでほとんどなく、大貫氏によれば2006年にも後遺症を伴う大事故はすでに発生しているが、読売テレビの意向によって公開されていないとされている。今年も一部機体が、テレビ越しにも見て取れる程度に損傷した状態で離陸した機体もあり(東北大学「Windnauts」の機体が、翼に明確な損傷を認めながら飛行を強行した)、パイロットの安全が本当に配慮されていると考えてよいかは非常に難しいところなのではないかと思われる


  過去の事故についても読売テレビの「お願い」より公表されないままに終わっているとしている。であるからこそ、安全な運営を行うために、主催者側も、参加側も、また、そのイベントを消費する側である視聴者も、考えなくてはならない事があるのではないだろうか


  実際運営上、「飛ばなくてはならない」というレギュレーションがあるという話もあり、発進台に登った後で機体の損傷が発覚しても、とにかく離陸をしなければならないという状況であるという証言もある。ただし、女性自身で取り上げられた2007年の事故の場合は、そもそも事故の最終的な報告が読売テレビに伝えられておらず、読売テレビが事態を把握したのは2011年だったという


  大貫氏はこれまでにも「鳥人間コンテストの事故について、鳥人間の立場から考える」などの指摘を行っている。


  「鳥人間コンテスト」は、工学系の人間にとっても、また一般の人間にとっても、一つの大きなイベントである事には間違いはないと思う


  事故におけるパイロットの自己責任論を否定している。


  鳥人間コンテストにおけるレギュレーションが、読売テレビと参加者の間において交わされる事実上の秘密保持契約として機能しており非公開であること、さらにそれを主要因として事故についての原因の公表がなされず、また参加団体が学生を中心としている事もあり、安全に対するノウハウが十分に周知されず、継承もされにくいという事が、事故が起こる可能性を低める事ができない原因と考えられる


  そこでは女性自身誌の報道にもあった訴訟の原因となった事故について『鳥人間は「乗ってもらった」』ものであり『機体に関する責任はパイロットにはない』『普通の飛行機には安全基準があり、パイロットは点検項目をチェックするが、鳥人間にはそれはない』と、「鳥人間コンテスト」におけるパイロットの特殊性を指摘。 あるAnonymous Coward 曰く、 毎年の風物詩ともいえる読売テレビ主催の「鳥人間コンテスト」について、実際に過去に参加し、現在もOBとして現役世代を支える立場の大貫剛氏が、その危うさについて自身のブログで警鐘を鳴らしている


  大貫氏によれば、「鳥人間コンテスト」という「番組」と「大会」が別のものであり、事故については大会出場者の自主責任であるという一般的な見方は間違いであり、『大会運営全体が読売テレビの「視聴者参加型番組」の制作であり、大会参加者にはほとんど自主的な権限がない』と指摘。

posted by sngdfkl at 17:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14時23分現在の日経平RMT均株価は1

  FF14 RMT。値上がり率上位には、NEXYZ.4346>、エレコム<6750>、クミアイ化<4996>、東京計器<7721>、ニチレキ<5011>などがランクイン。


  *14:25JST 日経平均は193円安、イベント前の利益確定売りで日中安値を更新。セクター別では、鉱業、空運のみ上昇するなか、不動産、パルプ・紙、その他金融、証券、水産・農林などが下落


  値下がり率上位には、住石HD<1514>、ネオス<3627>、JIN<3046>、ブレインパッド<3655>、H.I.S.<9603>などがランクイン。《KO》。重要イベントを控えるなか積極的な買いも入りづらく、弱含みの展開を余儀なくされている。売買代金上位には、東京電力<9501>、ソフトバンク<9984>、NTTドコモ<9437>、トヨタ<7203>、新日鉄住金<5401>などがランクインしている


  14時23分現在の日経平均株価は、13871.60円(前日比-193.22円)で推移。米国8月雇用統計を控えたポジション調整的な売りのほか、2020年夏季オリンピック開催都市がスペイン・マドリード優勢との報道を受けた利益確定売りの強まりを背景に、後場の日経平均は日中安値を更新する展開


  RMT

posted by sngdfkl at 17:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そのFF14 RMT特徴が今回のM&Aにおけるコク

  FF14 RMTなお、新会社移行後は役員体制・組織体制は変更するものの、現経営陣・従業員を引き継ぎ、現地での持続的な事業推進体制を維持していく。以来2年にわたり、コクヨカムリン社(本社:マハラシュトラ州)として経営の近代化と既存製品の強化に取り組む一方で、コクヨが得意とするノート紙製品についても、同社の流通・販売網に乗せていくための生産能力獲得にむけて検討を重ねてきた。 なお、今回のインドでのノート工場獲得は、コクヨグループにとって日本・ベトナム・中国につづき4 カ国目のノート工場となる。 コクヨグループはRE社の買収により、今回の最大の目的である、コクヨカムリン社のインド国内販売用のノート生産能力を獲得するとともに、コクヨのノート事業にとって新市場となる米国・中南米・中東・アフリカへの販路を獲得し、コスト競争力のあるインド発の新市場拡大を実現することになる。コクヨは同販路を活用し、コクヨカムリン商材を中心にノート以外の商材の輸出も行う予定。その特徴が今回のM&Aにおけるコクヨの狙いと合致した。 コクヨグループは2011年10月、コクヨS&Tがインドの大手老舗文具メーカーであったカムリン社の株式の過半を取得し、インド文具市場に参入、インド全土をカバーする販売・物流網、5工場(ノート工場は無し)の生産拠点・インク技術、80年超の歴史の高いブランド力、充実した人材・制度・ITシステムなどの経営基盤を獲得した。  コクヨは6日、インドのノートメーカーRiddhi Enterprises(以下RE社)を買収すると発表した


  。今後2ヶ月程度の許認可等の要件充足期間を経て、今年10月頃、コクヨグループ子会社(コクヨS&Tを想定)がインドにて設立する100%子会社Kokuyo Riddhi Paper Products Private Limited(仮)への事業譲渡を完了する予定。 また、譲渡を受けるRE社保有の工場土地(総面積22,400m2)には未使用敷地があり、当面は既存輸出事業で安定的な工場稼動を保ちつつ、インド国内用販売の拡大に併せて工場の拡張を行う予定。 RE社はコクヨカムリン社と同じマハラシュトラ州に本社・ノート生産工場を持ち、自社でブランドは有さずOEMメーカーとして全量を米国・中南米・中東・アフリカに輸出しており、インド国内への販路は持っていない。 今回、RE社と事業譲渡契約(土地建物・生産設備・販路・従業員・ライセンスなど全ての有形無形資産)に合意した


  RMT

posted by sngdfkl at 17:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。