2013年08月09日

ff14 rmt買収金額は明らかにされていませ

  「先日のシンガポールのスタジオ買収に続いて今回の案件はユービーアイソフトのアジア、特に中東でのプレゼンスを拡FF14 RMT大するものです


  インドのゲーム市場の未来は保証されていて、この国には非常に大きなチャンスがあります」とユービーアイソフトのワールドワイドスタジオ上級ディレクターのChristine Burgess-Quemard氏は述べています


  2008〜2009年度には買収が完了する見通しです


  買収金額は明らかにされていません


  インドには非常に大きな人口があり、将来のゲーム市場として期待されますが、技術者も多く輩出していることもあり、ゲーム開発市場としても期待がかかります


  ユービーアイソフトでは1年以内に200名規模に、数年以内に500名規模に拡大するとしています


  インドスタジオは2006年に設立FF14 RMTされ、現在120人のゲーム開発者やテスターが在籍しています


  フランスの大手ゲームパブリッシャーであるユービーアイソフトは、インドのプネーにある、携帯向けゲーム配信大手ゲームロフトのインド開発スタジオを買収すると発表しました

posted by sngdfkl at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ff14 rmtゲーム内容の詳細に関しては続報

  価格は5,040円(税込)


  FF14 RMT『英雄伝説 空の軌跡 the 3rd』は、同社の人気RPGシリーズ『英雄伝説 空の軌跡』シリーズの最新作であり、『英雄伝説 空の軌跡FC(ファーストチャプター)』と、その続編「英雄伝説 空の軌跡CS(セカンドチャプター)』に続く3部作の完結編にあたるタイトル


  過去2作品もPC版に忠実かつ、クリア後の特典など追加要素を盛り込んだ上でPSP向けに移植が行われており、今回の『英雄伝説 空の軌跡 the 3rd』の移植にあたっても、同社の丁寧な作品作りに期待したいところだ


  ゲーム内容の詳細に関しては、続報にてお伝えしたい


  日本ファルコムは、同社のプレイステーション・ポータブル向け新作として『英雄伝説 空の軌跡 the 3rd』を7月24日(木)に発売すると発表したFF14 RMT


  2007年にPCゲームとして発売された同名タイトルの移植作となっている

posted by sngdfkl at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ff14 rmt複数キャラを操るシャーマニズム

  韓国Wemade Entertainmentは、MMORPG『NED Online』において、2008年4月24日(木)よりクローズドβテストを開催FF14 RMTすると発表しました


  プレイヤーは「クリーチャー」を部下として、RTS(リアルタイムシミュレーション)のような戦闘を楽しむことができます


  クローズドβテスト(正式サービス開始前に、人数を限定して行うテストプレイ)の日程は4月24日(木)〜4月27日(日)まで


  開発には3年ほどかかっているだけに、その完成度が期待されるところです


  『NED Online』は精神文明が発達した世界での冒険譚で、様々な自然に宿る「クリーチャー」を狩る「クリーチャーハンター」が主人公FF14 RMT


  RTSの要素を組み込んだ最大3体を操る複数キャラでの戦闘に加え、シャーマニズムを思わせる世界観を持つ独自性の高いタイトルが『NED Online』

posted by sngdfkl at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。